ジューシーな肉汁がしたたるみんなの人気者、ハンバーグ。
材料も、工程もシンプルだから、晩ご飯のおかずに困ったときも大助かりです。
お弁当のおかずにもぴったりですね。

2020年3月20日に一部更新しております

画像1: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】今日の晩ご飯の主役に‼ハンバーグ

アレルギー表示

(レシピに使用した食材の原材料表示は2019年10月30日現在の情報です)
特定原材料7品目
なし
特定原材料に準ずるもの21品目
合いびき肉 (牛肉・豚肉)
さとの雪株式会社 おからパウダー(大豆)

小麦そば落花生えびカニ
-------
スマートフォンの画面ではスクロールで項目をチェック >>
いかあわびいくらさけさばりんごもも
-------
キウイフルーツオレンジバナナくるみ大豆まつたけやまいも
------
ゼラチン牛肉豚肉鶏肉ごまカシューナッツアーモンド
-----
スマートフォンの画面ではスクロールで項目をチェック >>

相模原病院管理栄養士 朴先生のコメント

栄養素について

今回のハンバーグには牛肉と豚肉の合いびき肉を使いました! 牛肉には鉄分が、豚肉には疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれていることが知られています。鉄分が不足しがちな子どもと、普段の仕事や家事で疲れているパパとママにぴったりなレシピです。タネに野菜を細かく刻んで入れると普段は苦手な野菜でも食べやすくなり、ビタミン、食物繊維も摂取できるようになります。

注意事項

大豆アレルギーの場合には、つなぎとしてすり下ろしたじゃがいも、片栗粉を使ってもOKです。ソースを作る時間がない時はアレルゲン物質不使用のトマトソースも使えます。

料理のコツ・ポイント

・成形する時には厚くなりすぎないようにしてください。

特定原材料7品目不使用 レシピ

画像2: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】今日の晩ご飯の主役に‼ハンバーグ

注意点
使用する食材によっては、含まれるアレルゲンが異なる場合があります。また、メーカーのリニューアルにより、原材料が変更される場合もあります。使用する場合は、除去の必要な食品が含まれていないか、必ず原材料表示の確認をしてください。

材料 2個分

200g

合いびき肉(牛肉・豚肉)

1/4個

タマネギ

小さじ1

おからパウダー
{さとの雪食品株式会社 おからパウダー}

小さじ1/2


{伯方塩業株式会社 伯方の塩(粗塩)}

少々

こしょう
{ヱスビー食品株式会社 ブラックペッパー(あらびき)}

大さじ1/2


{日清オイリオグループ株式会社 日清キャノーラ油}

大さじ2

トマトピューレ
{カゴメ株式会社 トマトピューレー}

大さじ1

砂糖
{日新製糖株式会社 カップ印 白砂糖}

大さじ1


{オタフクソース株式会社 おたふく料理酒}

大さじ1/2

しょうゆ
{キッコーマン株式会社 いつでも新鮮 えんどうまめしょうゆ}

作り方

(1)タマネギをみじん切りにし、耐熱ボウルに入れてラップをし、電子レンジ600Wで20秒加熱し、ラップを外して粗熱をとります。

(2)ボウルに、合いびき肉、(1)、おからパウダー、塩、こしょうを入れて粘りが出るまで混ぜ、2等分にし小判型に成形します。

(3)フライパンに油を熱し、(2)を入れて焼き色が付くまで焼き、ひっくり返してふたをして弱火で7分焼きます。

(4)(3)を取り出したフライパンに、ソースの材料をすべて入れ、弱火にかけて煮立たせます。

(5)器に(3)を盛り(4)をかけます。

若子みな美さんのお肉レシピまとめ

This article is a sponsored article by
''.