可愛すぎて食べられない!?餃子を包むところは子供と一緒にやっても楽しいですね!
子供の作った餃子を「すっごくおいしい!」って褒めてあげてください♪

2020年3月21日に一部更新しております

レシピ動画

画像: #君とごはん の #特定原材料7品目不使用 #食物アレルギー 対応 #レシピ #ウサギ さん #餃子 #レシピ youtu.be

#君とごはん の #特定原材料7品目不使用 #食物アレルギー 対応 #レシピ #ウサギ さん #餃子 #レシピ

youtu.be

アレルギー表示

(レシピに使用した食材の原材料表示は2019年10月31日現在の情報です)
特定原材料7品目
なし
特定原材料に準ずるもの21品目
豚ひき肉(豚肉)
イチビキ株式会社 小麦を使わない丸大豆しょうゆ(大豆)

小麦そば落花生えびカニ
-------
スマートフォンの画面ではスクロールで項目をチェック >>
いかあわびいくらさけさばりんごもも
-------
キウイフルーツオレンジバナナくるみ大豆まつたけやまいも
------
ゼラチン牛肉豚肉鶏肉ごまカシューナッツアーモンド
------
スマートフォンの画面ではスクロールで項目をチェック >>

相模原病院管理栄養士 朴先生のコメント

栄養素について

手に入りやすい食材、キャベツ! キャベツは胃の粘膜を正常にととのえる働きがあるといわれています。また、カリウムも豊富であるため、濃い味のものや脂っこいものを食べる時に合わせて食べるとよい食材です。豚ひき肉はタンパク質の良質な供給源ですが、脂質も多いため、キャベツと一緒に食べることは相性のいい組み合わせです。

注意事項

米粉の餃子の皮は、ライスペーパーでも代用できます。餃子を焼く時にタネの水分が出てくるため、強火でフライパンを熱してから餃子を並べるのがポイントです。

特定原材料7品目不使用 レシピ

画像1: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】ご飯もりもり!可愛すぎて食べられない!?ウサギさん餃子

注意点
使用する食材によっては、含まれるアレルゲンが異なる場合があります。
また、メーカーのリニューアルにより、原材料が変更される場合もあります。
使用する場合は、除去の必要な食品が含まれていないか、必ず原材料表示の確認をしてください。

材料 6個分

9枚

餃子の皮
{イオントップバリュ株式会社 熊本県産米粉使用 餃子の皮 なま 小麦粉不使用}

50g

豚ひき肉

1枚

キャベツ

少々

ショウガ

小さじ1

丸大豆しょうゆ
{イチビキ株式会社 小麦を使わない丸大豆しょうゆ}

ひとつまみ


{株式会社青い海 沖縄の海水塩 青い海}

適量

焼のり
{ムソー株式会社 酸処理していない焼のり}

作り方

画像2: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】ご飯もりもり!可愛すぎて食べられない!?ウサギさん餃子

(1) キャベツをみじん切りにし、塩で揉んでおきます。ボウルに豚ひき肉と一緒に入れましょう。

画像3: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】ご飯もりもり!可愛すぎて食べられない!?ウサギさん餃子

(2)(1)にすり下ろしたショウガ・丸大豆しょうゆを入れてよく混ぜます。

画像4: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】ご飯もりもり!可愛すぎて食べられない!?ウサギさん餃子

(3)餃子の皮2枚をそれぞれ縦に4等分に切り、キッチンバサミでうさぎの耳のように角を丸くカットします。

画像5: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】ご飯もりもり!可愛すぎて食べられない!?ウサギさん餃子

(4)残りの皮でタネを包みます。耳をつける場所2か所のみひだをつけます。

画像6: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】ご飯もりもり!可愛すぎて食べられない!?ウサギさん餃子

(5)(4)のひだの部分に少し水をつけ、耳をつけます。

画像7: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】ご飯もりもり!可愛すぎて食べられない!?ウサギさん餃子

(6)フライパンに油をひき、強火で温めてから餃子を乗せます。大さじ2の水(分量外)を入れてふたをし、中火で蒸し焼きにしましょう。

画像8: 【相模原病院管理栄養士 朴先生のコメントつき】ご飯もりもり!可愛すぎて食べられない!?ウサギさん餃子

(7)水分が蒸発して底に焦げ目がついたら、焼のりで顔を作ってできあがりです。

料理のコツ・ポイント

・餃子の皮は水分がつくと溶けてくるので、作り置きせずすぐ焼きましょう。
・蒸し焼きの際、水分が足りないようであれば都度足してください。
・加工食品を使用する場合は、除去が必要な食物が含まれていないか、原材料表示の確認をしてください。

野田真実さんのウサギさんレシピまとめ

This article is a sponsored article by
''.